COMBI

コンビ

車いすドライバーがスタンディングと踊る(男女のカップル)

ダンス種目: 10種目

スタンダード5種目

ワルツ・タンゴ・ヴェニーズワルツ・スローフォックストロット・クイックステップ

ラテン5種目

サンバ・チャチャチャ・ルンバ・パソドプレ・ジャイヴ

-History-

1968年

スウェーテンにおいてレクリエーションとリハビリの目的で車椅子でのダンスが始まりました。スウェーデン障がい者連盟で働いていたEls-Britt Larssonが先駆者の1人でした。車椅子で踊る人々のニュースが広まり、特にスウェーデンで非常に高い人気ある活動となっていきました。

1975年

Els-Britt Larssonの尽力で、スウェーテンのヴェステロースにおいて、最初の車椅子ダンスコンペティションが開催されました。スウェーデン全土から30組のカップルが参加し、コンビスタイルの3種目のダンス(「フォックストロット、*ヴァル、モダンポップ」)で行われました。
*アルゼンチンのタンゴのスタイル

1977年

車いすダンススポーツの最初の国際大会がスウェーデンのイェーテボリで開催。

出所:WPDS HP参照

お問い合わせはこちら TEL 080-7199-8777 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Translate »